symfonyフレームワークをオンラインで学ぶなら

記事でもご紹介している、プログラミング言語のPHP上で動作するアプリケーションフレームワークである「symfonyフレームワーク」。多言語対応であり、キャッシュ・コントロール、パジネーション、ソート、そしてフィルタリング等、役立つ機能がもりだくさん。PHPを使用した複数名での共同開発にはかなりの力を発揮するフレームワークです。本記事では、そんな「symfonyフレームワークは果たしてオンラインで学べるのか?」という点を、調査してまとめてみました。

プログラミング学習はオンラインスクールが充実している 

プログラミング学習は、パソコンとやる気さえあれば、どこにいても今すぐにでも始められるという特性があります。現在ではオンラインスクールがとても充実しており、価格もかなりリーズナブルで手が出しやすくなっています。そのことから、symfonyフレームワークを学習するにあたっても、まず、オンラインスクールの受講を考える方も多いのではないでしょうか?確かに、オンラインで学べるのならば時間も融通が利きます。オンデマンド型の授業も豊富にありますので、社会人の方や他に専攻がある学生さんにとっても、かなり便利でしょう。

symfonyフレームワークは日本語情報が少ない

筆者も少し調べたのですが、残念ながらsymfonyフレームワークをメインで取り扱っている(教えている)オンラインスクールは、すぐには見つかりませんでした。PHPならば当然、各スクールそれなりに力をいれているのですが。。。

symfonyフレームワークはいまのところ、公式HPで学ぶのが一番かも

ちょっと調べてみた限りではありますが、symfonyフレームワークをオンラインで学ぶなら、公式ホームページが一番リソースが豊富のようです。

こちらのブログ・チュートリアルページでは、ダウンロードリンク、必須環境等の必須情報から、インストール&設定から始まり細かな展開に至るまで、ステップバイステップの解説が記載されています。実際のコーディング画面の下に解説が淡々と記載されているスタイルで、スッキリしていて読みやすいですし、かなり勉強できるのではないでしょうか。

今後も、以下のようなコンテンツが追加される予定とのこと。ぜひ、活用しましょう!

(以下、symfony Japanより)

  • ParamConverterを利用したエンティティの取得
  • FormTypeの導入
  • createed_at, updated_atの自動挿入
  • DIを用いてServiceクラスを導入
  • ページネーション(ページング)の導入
  • メール
  • 翻訳(バリデーションエラーメッセージのカスタマイズ)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*